サーマクールの歴史

サーマクールとは

サーマクールとは、米国Thermage(サーメージ)社によって研究・開発された「医療用しわ・たるみ取り治療器」で、正式名称は「ThermaCool TC™ System」です。
厳密に言うと、サーマクールというのは治療方法の名前でなく、医療機器の名称を指します。
このサーマクールを使用して、肌の表面を傷つけることなく深層部分に働きかけ、たるんだ皮膚をひきしめる美容治療法は、正確には「サーメージ治療」と呼ばれています。
しかし、近年では「サーマクール」という言葉は、「ThermaCool TC™ System」であると同時に「サーメージ治療」の意味としても浸透しています。

サーマクールは、米国の形成外科医Dr. Edward Knowltonにより発明されました。
開発と研究に約10年を経て2002年に発表、2003年4月に行われた全米のレーザー学会にてサーマクールは高い評価を受けました。
その後サーマクールは、日本の厚生労働省にあたる米国FDA(食品医薬品局)および、カナダHPFB(健康製品食品局)から承認され、全世界50ヶ国以上ですでに190,000以上もの症例実績があります。
日本では、2003年にサーマクールが導入され始め、現在では「たるみ治療のゴールドスタンダード」や「たるみ治療の王道」などと呼ばれたりしています。

歴代サーマクール

初代サーマクールTC3

2002年11月 米国で販売が開始される ※FDA認可済み
2002年12月 サーマクールが日本に導入される
初代の「サーマクール」は、リフトアップの効果も高かったですが、痛みもかなり強いものでした。


第2世代サーマクールNXT

20007年3月 サーマクールNXT登場
機能はあまり変わりませんでしたが照射方法を変えることによって、痛みを軽減させました。
照射方法は、以前は強い出力で1回(1パス)しか照射しませんでしたが弱い出力で5回に分けてあてるようになりました(5パス)。
つまりお顔全体であれば、3.0cm×3.0cmのマスを1発照射し、それを顔全体で80発にあてることになります(1周)。
それを5回くり返す、つまり5周行うことになります(5パス)。これの照射方法をマルチプルパスといいます。
マルチプルパスの照射方法の導入により、従来に比べてが痛みは減少しました。


第3世代サーマクールCPT

2009年11月 サーマクールCPT登場
第三世代の「サーマクールCPT」の登場により、大幅に痛みが激減しました。当院の感想としては70~80%の減少だと思います。患者様には、以前と比べてほとんど痛くないとよく言われます。
痛みが大幅に減少した理由は、バイブレーション機能により、照射チップの先端が高速に振動し、高周波エネルギーによる熱さや痛みがほぼなくなりました。
実際のところは、高速振動で、熱さや痛みが誤魔化されている感じです。


最新第4世代サーマクールFLX

2018年12月 サーマクールFLX登場
従来型のサーマクールCPTに比べて、照射面積が3.0㎠から4.0㎠と大きくなり今まで(深さ2.6㎝)より深い4.0㎝までの治療ができるので、治療直後の引き締め効果も大幅にアップしました。
また、痛みを抑えるためのバイブレーション機能が改良され、さらに痛みが軽減されています。

サーマクール クリニックカタログin東京はこちらから

気になるサーマクールの施術費用の相場はこちらから