部位別の効果と持続力

各部位にサーマクールを当てた時の効果と持続期間について説明をしています

サーマクールの部位別効果

サーマクールはSHOT数が決められています。
SHOT数はお顔に何回照射するかによって決まります。
そのため、範囲エリアで分けるというよりも基本的にお顔全体的に行います。

現在あるのは

サーマクールCPT 400shot 600shot 900shot
サーマクールFLX 300shot 600shot 900shot
サーマクールEYE 225shot 450shot

照射数は多い方が多く照射することができるので効果はでやすくなります。
通常の日本人女性のお顔全体でしたらCPT400、FLX300でお顔全体的に照射する事は可能ですが、お顔の大きさや気になる範囲、さらに効果がほしいという方は医師とショット数について相談しましょう。

額の皮膚の収縮により、まぶたのたるみや、眉の下がり額のシワに効果があります。
※サーマクールアイとの併用でまぶたのたるみの改善がさらに期待できます

目尻

まぶたのたるみや目尻のたれ、目尻のシワに効果があります。

目の下

目の周りのちりめんジワ、目元のクマに効果があります。
サーマクールCPT、FLXでは目の下は骨がある所までの照射になります。
目の下ギリギリまで気になる場合はサーマクールアイのチップを使用します。

まぶた(サーマクールアイ使用)

まぶたのたるみ、二重の幅が狭くなってきた、目周りの小ジワに効果があります。
まぶたに照射する際は、眼球に傷を付けない為にもコンタクトアイシードを使用し照射していきます。

頬・ほうれい線

ボリュームがある部分をタイトニングしていくことでお顔全体の小顔効果、ほうれい線や、マリオネット線(唇の両端から下に伸びる2本の線)に効果があります。
また、熱を加えていくことでハリが出てでつややかなお肌にも効果が期待できます。

首(アゴ下)

首のシワや、二重アゴ、アゴ下から首にかけてのたるみの改善に効果があります。
加えて、フェイスラインのボリュームをダウンすることによって顎下のもたつきやのたるみ感がスッキリし、小顔効果も得られます。
また、首の甲状腺には照射する事ができません。
首の横に照射することで首の横ジワも改善に繋がります。

以上が、サーマクール照射が可能な部位と効果になります。

 

また、額などのシワの程度によっては、サーマクールFLXで完全にシワの線を消すことは難しいと言われています。
施術すれば額のハリを感じることができますが、表情によってできる額のシワを完全に消したい場合には、ボトックス注射との併用をすすめるクリニックもあります。

どれぐらいサーマクールFLXの効果が持続するのか?
サーマクールFLXの治療の効果持続期間は、一般的に4か月から1年と言われています。
人によっては、半永久的にタイトニングされた状態がキープされます。

今では、シワやたるみの改善効果と持続期間をのばすために、サーマクールとウルセラを併用したり、サーマクールFLX単体のメンテナンス用としてウルセラを使用するクリニックが増えています。
本気で悩んでいる方は、サーマクールFLXのみの治療だけではなく、ウルセラとサーマクールFLXを併用できる技術のあるクリニックに行けば、高い効果が期待できますね。
その他にも、サーマクールFLXと同じ高周波のエンディメットプロやリファームSTなど軽めのメンテナンスも継続的に行っていく事がサーマクールFLXの効果を長く持たせるためにもおすすめです。

 

施術費用の相場
最新のサーマクールFLXが受けられるクリニック料金比較 サーマクールFLXの施術費用について8つのクリニックから調査した相場を紹介します。 顔全体にサーマクールFLX治療を受ける場合の相場は、30万円台半ばがほとんどのようです。 クリ...

サーマクールFLX クリニックカタログin東京はこちらから