コロナ禍で変わった美容医療への関心

コロナ禍で変わった美容医療への関心

コロナ禍で変わった美容医療への関心 - 美容経済新聞
美容医療における新型コロナウイルス感染流行の影響をまとめたデータが10月27日、「Aesthetic Surgery Journal」オンラインに掲載された。 今回の調査は米国在住の18歳以上を対象に

2020年を振り返った時、多くの方が『新型コロナウイルス』の話題無しでは語れないでしょう。

新型コロナウイルスの影響により『新しい生活様式』というワードが世間に定着するほど、それまでの私たちの『当たり前』が一変してしまいました。

この変化は美容業界においても大きく影響を及ぼしています。

緊急事態宣言と美容医療

緊急事態宣言中、美容治療を希望する人が急増しているといった美容関連ニュースを一度は耳にしたことがあるかもしれません。

事実、アメリカ・日本・韓国・オーストラリアのすべての国で、唇を厚くする・しわを取る・鼻の形を整えるといった手術の件数は増加しました。

整形大国と言われている韓国では昨年の1.5倍まで増えているとか…

興味深いことに米国の調査によって、コロナ禍を機に美容に対しての関心や意識が大きく変化を遂げていることが明らかにされています。

今回の調査は米国在住の18歳以上を対象に、AmazonのMechanical Turkを利用して2020年4月30日から5月3日にかけて行われた。
この調査では、新型コロナウイルス感染症流行の前とパンデミックの最中における審美的介入について経験と関心、および関心の変化や推移とその理由について評価した。

計704件の回答を分析対象とした。回答者の半分は女性、年齢中央値は25〜34歳だった。
パンデミックの間、回答者の21%で審美的介入への関心が増加し、33%が6つのうち1つ以上の介入への関心を減少させていた。
関心が特に増加していたものは、非侵襲的手技(7.3%)、顔の美容整形(6.6%)、および医療グレードのスキンケア(5.9%)だった。

意外にも長い自粛期間を有効活用出来るような強いダウンタイムを伴う美容整形治療への関心よりも『非侵襲的手技』いわゆるメスや注射など使用しない『生体を傷付けない治療』への関心が高まっていることが分かります。

確かにあからさまな容貌の変化を遂げたい場合、手術による整形治療は適していると言えますが、リスクを伴う点やダウンタイムが長期にわたり続くことを考慮したとき、いくら自粛期間中と言えど、あまり現実的ではないのかもしれません。

関心を高めた理由は、自分自身をより頻繁に鏡に映しているため(43.2%)、コロナ終息後には見栄えを良くしたいという願望(41.8%)、ソーシャルメディアでの時間の増加(40.4%)があげられた。

日本で行われたある調査では、コロナ禍においてスキンケアの需要が高まっていることの理由に外出自粛が続く中で、ベースメイクをする機会が減り、自分の素肌を目にする機会が増えたことなどから、「時間に余裕のあるこの時期に肌を整えよう」というおうち美容への意識高まったことが挙げられています。

このことからリモートワークなどおうち時間が増えたことで、以前より自分の姿を見る機会が増え、改めてスキンケアや身だしなみを見直す傾向にあることが分かります。

マスクが老化を進めている!?

しかし、コロナ禍を機にスキンケアに時間をかけられるようになり、肌の調子が良くなった!という方もいれば、マスク装着を義務付けられる生活から、ついマスクに甘えるようになり、気付いたときにはマスク老け!?なんてことに悩まされている方も少なくないようです…。

ボイストレーナーのMISUMI氏によるとマスクをすると、口呼吸になる人が多いとのこと。口呼吸だと酸素不足に陥りやすく、そのせいで顔色が悪くなる人もいるそうです。
またマスクをしていると、口を大きく開けられないからモゴモゴ話すしかなく、それが口周りの筋肉の著しい衰えにつながります。
~中略~
また表情筋研究家というユニークな肩書を持つ間々田佳子先生曰く「顔の筋肉の衰え、特に口周りの筋肉が衰えると、口角は下がり、ほうれい線の原因になります」とのこと。

マスクを取り、ふと鏡を見た自分の顔に『こんなにたるんでいたっけ?』とショックを受ける方が後を絶たない状況。

出来ることなら日常生活に戻った時に自信を持ってマスクを外したいですよね。

しかし、マスクがなくてはならない必需アイテムとなっている今日。

どうしたらマスク老けに立ち向かえるのでしょうか!?

ずばり!

口元を意識しなくなったことで、たるんだ顔を引き締めたい!という方にお勧めの治療。

それは、高周波(RF)治療であるサーマクールFLXです!

たるみ治療のゴールドスタンダードと言われるサーマクールは、数多くある高周波治療の中でもその歴史は長く、ダントツのタイトニング効果。

痛みやダウンタイムがほぼ無く、即効性のある強力な引き締め効果のみに限らず、毛穴を引締め肌を滑らかにし、ハリをもたらすといった美肌効果まで得られます。

これらの効果から、美容初心者の方でも抵抗なく受けやすい治療の一つに挙げられ、まさにアンケート調査にあった『非侵襲的治療』であり、『医療グレードのスキンケア』に匹敵した治療と言えるでしょう。

強力な引締め効果により、コロナ太りで顔のボリュームが気になるようになったという方にもお勧めです!

もちろん、あくまでもサーマクールFLXは数多くある美容治療のうちの一つなので、ご自身のお悩みに合った治療は他にもたくさん見つかるはずです。

老化は生きている限り誰にでも必ず訪れる現象ですが、頻繁にマスクを着用するようになったからと言って、わざわざ老化を早めたくないですよね。

美容医療を取り入れることで少しでもお肌のお悩みが解消されたなら、マスクの下の表情は今よりもっと明るいかもしれません。