【ほうれい線】シワへのアプローチ&リフトアップ!


アラサー世代におすすめする、ほうれい線が深く刻まれないようにするアンチエイジング方法についてです。

「自分が思うほど実は深刻じゃないアラサー世代のほうれい線。」

このセリフは非常に嬉しいですね。
美容に関しては特に価値観がありますので、気にする気にしないは本当に人それぞれなのですが、何にしても誰かに励ましてもらえるのは嬉しいものです。

ほうれい線とは、小鼻の辺りから口の横の辺りまでに現れるシワで、笑うと深く出たりしますが、ほうれい線に関しては、赤ちゃんや子供でも存在するシワです。
人の顔の構造として、全くないということは少ないと思いますが、浅いか深いかで、顔の印象は変わるという事と、年齢を重ねてたるみが生じてくると、どうしても深くなりがちなので、浅い方が若い印象を与えます。
しかし、もともとほうれい線が深めの顔立ちの方もいるので、その場合は、目・鼻・口の大きさや形、輪郭の形と一緒で「顔の作り」として受け入れることもありだと思います。

そうはいっても、深く刻まれるのは防ぎたいと思う気持ちはわかります。
刻まれないようにするには、どのようなケアを取り入れればよいのでしょうか。。。

ほうれい線のケアとしてご紹介されていたのは、

■コリをほぐして筋肉を柔軟に
頬骨の下を中心に頬のコリをほぐす。ココが柔軟になることで、シワが寄りにくくなる!

■リフト専用のスキンケアコスメを使用
真皮のコラーゲン生成に働きかけて、中からグっと押し上げるような弾力肌へと導く。
ル リフト セラム 30ml ¥16500/シャネル

■ハリを高める“貼るヒアルロン酸
微細なニードルが成分をしっかり入れ込む。
メディリフト 3Dマイクロフィラー 4セット入り ¥7600/ヤーマン

セルフケアでたるみ予防をしようと思ったら、マッサージやコスメでのケアが一番手軽なのは納得です。

セルフケアの場合は、もちろんコツやポイントをあれこれ模索するのもいいですが、「とにかく継続する事」これが何よりも大事だと思います。

続いて、ほうれい線以外に、たるんだ顔の印象を与える「二重アゴ」問題です。

アラサー世代の二重アゴは、たるみよりもお肉やむくみに注意が必要。
顔の部分痩せは難しいので、顔の筋肉を刺激して“ムダなもの”を流れやすくしておくのが大事。確かに、「顎の下に流れてきれいるのは、実はたるみではなくて脂肪の蓄積やむくみだった。」ということは大いにあると思います。

顔にボリュームがあり過ぎると、たるみやすくなるのは事実で、そのボリュームを支えるための皮膚の土台をしっかりケアしておかないといけません。
これは、たるみ予防の為の重要なポイントなのではないかと思います。

脂肪の蓄積やむくみを予防するための方法は・・・?

■顔のエクササイズで脂肪燃焼を促す!
口を大きく開ける→小さくすぼめる、を疲れるまで繰り返し、顔の筋肉をしっかり動かす。

■美顔ローラーを使ってむくみを撃退

【A】耳にかけるだけのらくちん小顔ケア
純チタニウムの突起が耳まわりのツボを刺激。10分間耳にかけておくだけで顔がスッキリ。
イヤーアップ ¥9074/エイベックス・エンタテインメント

【B】左右対称に流して整った顔立ちへ
フェイスラインとチークラインを同時に&左右対称につまんで流してケア。
リファダブルレイ ¥28800/MTG

毎日のむくみをこまめに取り、フェイスラインを引き締めるエクササイズを継続すれば、かなりすっきりとしたフェイスラインを手に入れるはずです。

自分でのケアがどうにもこうにもめんどくさい。。なかなか継続できない。。でも若さをキープしたい。。

という方には、やはりクリニックなどの治療に頼るのもありだと思います。

 

《クリニックだと…》ヒアルロン酸注入や サーマクールなど→¥60000前後、¥200000前後
費用がかかるうえ内容もヘビー。今はセルフが正解。

とはありますが、確かに、専門のマシンを使用しますし、医師の手による治療ですし、多少お金はかかってしまいますが、セルフケアとは比べ物にならない効果がありますし、効果も即時的に出るものが多く、時間もかかりません。

内容もヘビーとありますが、現在たるみ治療に使われている機器は、安全性も高く、最新の「サーマクール」に関しては痛みもほとんどないので、非常にチャレンジしやすいと思います。

たるみのタイトニング効果も数ヶ月持続するので、しばらくは何もしなくても若々しい印象が続くはず。

 

さらに、顎下の脂肪に関しては、、

《クリニックだと…》脂肪溶解注射→1本¥15000 前後1回では効果が出にくく、結果、高額に。治療時痛みもあり。

とありますが、確かに脂肪溶解注射はある程度の回数が必要で、注射なので多少の痛みや内出血等のダウンタイムも伴います。

脂肪溶解注射以外にも、「クールスカルプティング」など、リスクが少なく顎下の脂肪を除去できるものもあるので、様々な選択肢があります。

脂肪除去関係の治療の効果として嬉しいのは、脂肪細胞から除去する治療が多いので、治療後、その部位が太りづらくなるという事。継続して治療をしなくても、ある程度スッキリした状態をキープできるというのはとても魅力的ですね。

 

 

自分に合った治療を調べて、必要な物だけ取り入れていけば、手間と時間と化粧品代=クリニック治療になるかもしれません。

仕事もプライベートも忙しい、美容以外にもお金をかけたい、でも若さをキープして上手に年齢を重ねたい、そんなアラサー世代の方向けの手軽な治療もたくさんあります。

美容の価値観は人それぞれです。

セルフでもクリニックでも、自分に合ったケアを探してみましょう。

 


記事全文

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190918-00010011-withonline-life

9/18(水) 20:03配信

with online

【ほうれい線】シワへのアプローチ&リフトアップ!

自分が思うほど実は深刻じゃないアラサー世代のほうれい線。ハリを出すケアのほか、スマホを長時間見るのをやめる、顔の筋肉を動かすなどで解消を!

■コリをほぐして筋肉を柔軟に
頬骨の下を中心に頬のコリをほぐす。ココが柔軟になることで、シワが寄りにくくなる!

【A】キュッと引き締まった顔印象に
真皮のコラーゲン生成に働きかけて、中からグっと押し上げるような弾力肌へと導く。
ル リフト セラム 30ml ¥16500/シャネル

【B】ハリを高める“貼るヒアルロン酸”
微細なニードルが成分をしっかり入れ込む。
メディリフト 3Dマイクロフィラー 4セット入り ¥7600/ヤーマン

《クリニックだと…》ヒアルロン酸注入や サーマクールなど→¥60000前後、¥200000前後
費用がかかるうえ内容もヘビー。今はセルフが正解。

【二重アゴ】ギアを味方につけてシュッとリフトアップ

アラサー世代の二重アゴは、たるみよりもお肉やむくみに注意が必要。顔の部分痩せは難しいので、顔の筋肉を刺激して“ムダなもの”を流れやすくしておくのが大事。

■顔のエクササイズで脂肪燃焼を促す!
口を大きく開ける→小さくすぼめる、を疲れるまで繰り返し、顔の筋肉をしっかり動かす。

【A】耳にかけるだけのらくちん小顔ケア
純チタニウムの突起が耳まわりのツボを刺激。10分間耳にかけておくだけで顔がスッキリ。
イヤーアップ ¥9074/エイベックス・エンタテインメント

【B】左右対称に流して整った顔立ちへ
フェイスラインとチークラインを同時に&左右対称につまんで流してケア。
リファダブルレイ ¥28800/MTG

《クリニックだと…》脂肪溶解注射→1本¥15000 前後
1回では効果が出にくく、結果、高額に。治療時痛みもあり。