アイケアの正しい知識を女医さんが伝授!


美容皮膚科では、目元のたるみや小じわなどのお悩みを相談されることがとても多いです。

 

目元のお悩みは年齢問わずで、20~30代の方だと目の下のクマ、40代以降ですと、たるみや小じわなどのお悩みが多いと思います。

目元のスキントラブルの原因は多様ですが、近年は、パソコンやスマートフォンの普及による目の使い過ぎや、花粉などでのアレルギーの方も増えていて、その時期の目周りの肌荒れの繰り返しがたるみの原因になったりもしているようです。

 

パソコンやスマートフォンを見る時、集中したり、ついつい夢中になったりすると、瞬きの数が少なくなったり、夜更かしで寝不足から目元の血行不良が起きたり、皆様も少し心当たりはあるのではないでしょうか?

そして、目元のお悩みの中でも、自分ではどうにもならないのが「たるみ」ではないでしょうか?

 

Q.目の老け方として、次の2タイプがあるように思います。

1.眼瞼下垂のように、瞼が緩んで重たくなるパターン。
(目を開けようとするしぐさで額にシワが入りやすくなる。)

2.瞼が落ち込み、凹みが定着して疲れているように見えるパターン。

1の方は、「瞼が被ってきた」、「目が小さくなった」、「目が開けづらくなった」などといいますね。
このタイプの方は、瞼にボリュームがある方が多く、脂肪の重さで皮膚がたるみやすくなてしまうようです。
治療法として、瞼の脂肪を取ったり、弛んだ皮膚を引き締めたりすることが有効です。
美容皮膚科の治療としては、高周波(RF)で瞼の皮膚や皮下組織を引き締める治療がお勧めです。

2の方は、窪み目ともいいます。
瞼が痩せ落ちて、くぼんでくる方や、きれいな二重のラインがある方でも、瞼が痩せて、二重のラインが三重や四重になる場合もあります。
このタイプは遺伝的要素が大きいことの他に、急激に痩せることでも起こります。
瞼は皮膚が薄く、何かを注入してふっくらさせるというのも非常に難しいので、日ごろからのアイケアがより重要になってきます。
直接的な治療ではないですが、額にBOTOX注射をうって動きを制限すると、窪み目がいくらか緩和されるということもあるようです。

 

美容クリニックでの、目元治療の代表はやはり「サーマクールアイ」

高周波で目元の皮膚を強力に引き締めます。
サーマクールの目元専用チップを使って治療するのがサーマクールアイは、目元に細かく照射ができます。
サーマクールアイは、強力ですが、その分少し熱さや痛みを伴ったり、機械治療の中では施術金額はなかなか高額だったりします。

もう少し手軽にリーズナブルに治療をしたいというかたには、「エンディメッドプロ」がおすすめです。
サーマクールアイと同じ高周波で、こちらも目元専用の治療が可能です。
サーマクールよりは効果もマイルドなので、定期的に行う必要はありますが、費用もリーズナブルなので、目元治療が初めてでもチャレンジしやすいでしょう。

その他にも、マドンナリフトやスカーレットS、ハイフアイシャワーなど、目元に特化した治療はどんどん増えていますので、自分に合ったものを探して治療をうけてみるのもいいかもしれませんね。

美容クリニックで特別なケアをした後は、ご自身での日々のケアも力を入れると尚良いとは思うのですが、アイクリームの選び方や、普段は何を気を付けたらいいのでしょうか・・・

アイクリームの選び方については、瞼が浮腫みやすかったり、被ってくるようにたるみが出ている方、青ぐまが気になる方には血管を収縮させる「カフェイン」入りのクリーム、皮膚が緩んでいて、ハリが欲しい方にはコラーゲン生成を促進する「レチノール(ビタミンA)」、シワが深く、少しふっくらとさせたい場合は、水分を引き付ける効果のある「ヒアルロン酸」がお勧めです。

最近流行しているのは、ヒアルロン酸のマイクロニードルパッチです。
シートに細かい針状のヒアルロン酸がついていて、そのまま気になる所に貼ると、その部分の皮膚がみずみずしくふっくらします。
目元のデリケートなお肌にも貼ることが出来るので、とてもお勧めです。

 

「目元を若々しく保つために、どのように生活環境やケア方法がよろしいでしょうか?」

という質問へのドクターの答えは、

「自身で気をつけているのは、目をこすらないこと。
特にメイクを落とす際にゴシゴシ摩擦を与えないようにしています。
また、紫外線を避けるため、サングラスは必ずしていますし、ブルーライトにも気をつけ、スマホを見過ぎないようにしています。
それから、目周りの眼輪筋が衰えないよう、顔ヨガなども取り入れています。」

とのことでした。

 

素晴らしい心がけばかりですね。
見習わないとと思います。
美しいまなざしを目指して、日々のケアも頑張りましょう。


記事全文

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190908-00010000-vingtcinq-life

9/8(日) 18:13配信

25ansオンライン

エレ女流の熱く賢い美容法を、ビューティ・メダリスト兼美容プランナーの西村直子さんが伝えていくこちらの企画、今回はアイケアがテーマ。アイケアについての質問に、ウォブクリニック中目黒 総院長 高瀬聡子先生にお答えいただきました。

Q.現在、日常のなかで目にまつわる環境はどのようになっていますか? また実際に患者さんにはどのような症状が多く見られるか、教えてください。
A.人間の目も加齢とともにトラブルが起きやすくなります。PCやスマホの普及で目にかかる負担も以前より増え、その影響でドライアイの方が増えている印象です。
また花粉などアレルギーの影響で目周りのかゆみ、乾燥、炎症などのトラブルの方も目立ちます。

Q.目の老け方として、次の2タイプがあるように思います。
1.眼瞼下垂のように、瞼が緩んで重たくなるパターン。目を開けようとするしぐさで額にシワが入りやすくなる。
2.瞼が落ち込み、凹みが定着して疲れているように見えるパターン。
どちらのパターンになるのか、若い頃から兆しはありますか? そもそも骨格など先天的な要因で、すでに決まっているのでしょうか。
A.1の眼瞼下垂は先天性と後天性があります。後天性の原因としては加齢です。老化とともにまぶたを上げる筋肉と周囲の組織との結合が緩むことでまぶたが上がらなくなります。またコンタクトの使用による刺激などでなる場合もあります。
2については、骨格による先天性要因と老化による後天性が両方あります。こちらも目周りの筋肉と周囲の組織との結合が緩むことでたるみが起こります。

Q.アイクリームについて、前出の1、2それぞれに適している成分を教えてください。
A.1.瞼のむくみをとり、すっきりとさせたい場合はカフェイン 2.ふっくらとさせて保湿したい場合はレチノール

Q.先生ご自身がなさっているアイケア(スキンケア、インナーケアなど)を教えてください。これだけは欠かせない、というものはありますか?
A.レチノール入りのアイクリームを愛用し、小じわを予防しています。インナーケアでは、目の疲れをとるといわれるルテイン入りのサプリを愛飲しています。美容医療では、高周波によるたるみ治療「サーマクールアイ」、また、フラクセルレーザーによる「マドンナリフト」を1年に1回くらいやります。

Q.ずばり、生き生きとした瞳に弾力のある上瞼、しっとりとした下瞼が理想ですが、そういった目元をつくるには、どのように生活環境やケア方法がよろしいでしょうか?
A.自身で気をつけているのは、目をこすらないこと。特にメイクを落とす際にゴシゴシ摩擦を与えないようにしています。また、紫外線を避けるため、サングラスは必ずしていますし、ブルーライトにも気をつけ、スマホを見過ぎないようにしています。それから、目周りの眼輪筋が衰えないよう、顔ヨガなども取り入れています。

目にはとにかく優しく!~西村直子の感想

高瀬聡子先生も懸念されている目の周りのトラブルには、今日のスマホ環境などの他に、従来からの花粉などのアレルギーが要因であるとのこと。日本には四季があり、季節の変化に伴い、目の環境が著しく変わるだけでも負担なのだと改めて感じました。
そして、先生のコメントと目元環境を意識したライフスタイルからとても参考になったことは、瞳が疲れたり、炎症などを起こすとドライアイになり、瞬きの回数が増え、皮膚へのダメージにもなること。ですから、ルテインなどのサプリを摂取して、インナーケアから心がけることが大事なのだということです。
そして、アイケアコスメについて、むくみやタルミに効果がある「カフェイン」、凹みに適して、ハリが出る成分「レチノール」が含有されているか意識してみることも賢いコスメ選びの方法だとわかりました。
さらに、コスメ開発に携わり、ご自身も美しさを高められている美容賢者としての先生からのお話で重要なポイントは、スマホ環境、アレルギーなどからのダメージだけでなく、日々のメイクやそのメイクを落とすクレンジングの際の摩擦による負担が大きいのであるということ。それは自分のケア次第で軽減できるはずだ!と、メイク好きな私は今日からより一層、丁寧なケアを!と強く思いました。

今回お話を伺ったのは、高瀬聡子先生
ウォブクリニック中目黒 総院長。慈恵会医科大学附属病院皮膚科にて、アトピー外来、レーザー外来などを担当した後2007年にウォブクリニック中目黒を開設。ドクターズコスメのアンプルール化粧品も手がける。『ゆる美容事典』(講談社)、『気になるパーツのスキンケア2週間速攻メソッド』(宝島社)のほか著書多数。
ウォブ クリニック 中目黒 東京都目黒区中目黒1-10-23 2F