美容クリニックのおすすめ「たるみ」施術&デメリット

美容クリニックのたるみ治療について、今主流になっているのはどんな治療なのでしょうか?

50代の女性のお悩みに対して、美容外科のDrがアドバイスをされていました。

その方のお悩みとは・・・

 

 

Q. 50代を迎えたるみが顕著に。美容クリニックのおすすめの施術&デメリットが知りたい
50代を迎えてから顔のたるみがとても気になるようになりました……。
どんなに高価な化粧品を使っても限界があります。
美容整形でリフトアップか、ボトックスか……悩んでいます。
美容整形のデメリットなどありましたら教えていただきたいです。

 

確かに、年齢を重ねて気になるようになるお肌のお悩みの代表はやはり「たるみ」だと思います。

若い時は一番の肌悩みがたるみであることは少ないですよね。

年齢を重ねるとたるみが生じる理由は、皮膚の土台部分の筋膜やコラーゲンが緩んで、皮膚表面の組織を支えきれなくなるからです。

そんなたるみに悩む50代の女性に対してのアドバイスは・・・美容皮膚科のドクターの見解とは、

 

たるみケアであれば、サーマクールを代表するような高周波を当てる治療方法がおすすめ。

歳を重ねると、頬からフェイスラインにかけてシャープさが無くなり、気になるのが「たるみ」。お悩みの上位として来院されるお客さまも少なくありません。
たるみの症状にもよりますが、たるみ治療として代表的なのは、

・リフトアップ、サーマクールを代表するようなRF(高周波)
・ウルセラを代表するHIFU(超音波)

などになります。
ちなみに、ボトックスはシワに効果をもたらす治療なので、今回のようなたるみケアには適した治療とはいえません。

美容外科手術は高い技術とマシーンを使って治療をおこなうため、効果実感、期待度ともにスコアが高いと思います。

ただし、ヒアルロン酸やボトックスなどの“プチ整形”のように、時間が経てば元に戻る治療とは異なり、一度手術をおこなうと、そう簡単に元に戻すことができなくなります。

そのため、施術する前にドクターとしっかり話し合い、問題をクリアにしていくことをおすすめします。

 

 

なるほど!とても参考になりますね!

今現在、美容クリニックでたるみ治療の代表となっているのは、高周波(RF)で引き締めるか、HIFU(超音波)で引き上げるかというアプローチのかけ方だと思います。

その中でも代表的な施術は、高周波(RF)なら、「サーマクールFLX」、HIFU(超音波)なら「ウルセラリフト」です。

どちらもたるみ治療ですが、それぞれたるみに対してのアプローチのかけ方が若干異なるので、その方のたるみの程度や、どこが気になるか、どのようにしたいか、で選択する機械も変わってくるでしょう。

フェイスラインに関しては、ボリュームがあって重さでたるんでしまっている場合は、サーマクールで引き締めてボリュームダウンさせ、スッキリ見せる方がいいと思います。

お顔が痩せ型でボリュームはあまりないけど、皮膚の老化でたるんできたというタイプの方にはウルセラで皮膚の土台からリフトアップを図るのがおすすめです。

とはいえ、自分がそもそもどのタイプかも分からないという方も多いと思うので、まずは信頼のおけるクリニックやドクターに相談してみましょう。

 

記事全文

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190721-00016771-mimollet-ent

7/21(日) 14:30配信

webマガジン mi-mollet

肌についてのお悩みやコスメについてのあれこれを専門家や美容のプロがアドバイス。今回は、気になる美容クリニックの施術についてお答えします。

ぢーさんさんからの質問

Q. 50代を迎えたるみが顕著に。美容クリニックのおすすめの施術&デメリットが知りたい

50代を迎えてから顔のたるみがとても気になるようになりました……。どんなに高価な化粧品を使っても限界があります。美容整形でリフトアップか、ボトックスか……悩んでいます。美容整形のデメリットなどありましたら教えていただきたいです。

教えてくれたのは、ウォブクリニック総院長・高瀬聡子先生

A. たるみケアであれば、サーマクールを代表するような高周波を当てる治療方法がおすすめ

歳を重ねると、頬からフェイスラインにかけてシャープさが無くなり、気になるのが「たるみ」。お悩みの上位として来院されるお客さまも少なくありません。
ぢーさんさんのたるみの症状がこの質問だけではわかりかねますが、たるみ治療として代表的なのは、

・リフトアップ、サーマクールを代表するようなRF(高周波)
・ウルセラを代表するHIFU(超音波)

などになります。
ちなみに、ボトックスはシワに効果をもたらす治療なので、今回のようなたるみケアには適した治療とはいえません。

美容外科手術は高い技術とマシーンを使って治療をおこなうため、効果実感、期待度ともにスコアが高いと思います。ただし、ヒアルロン酸やボトックスなどの“プチ整形”のように、時間が経てば元に戻る治療とは異なり、一度手術をおこなうと、そう簡単に元に戻すことができなくなります。そのため、施術する前にドクターとしっかり話し合い、問題をクリアにしていくことをおすすめします。

PROFILE高瀬聡子先生/ウォブクリニック中目黒 総院長東京慈恵会医科大学卒業後、皮膚科医として勤務。2007年にウォブクリニックを開院。共著書に「いちばんわかるスキンケアの教科書」(講談社)(この記事は2017年5月5日の再掲載です)